太平洋フェリー『ニューきたかみ』のエコノミーシングルに乗る




太平洋フェリー『きたかみ』が2019年1月25日から新造船に交代したので、『ニューきたかみ』に乗りに行きました。

仙台港で撮影したニューきたかみ。新しい船だけあって白さが際立ちます。


プロジェクションマッピングを使った階段の表示


プロジェクションマッピング用の階段スピーカーはPanasonicのRAMSA


プロジェクションマッピング用のDLPプロジェクターもPanasonic製。ドット荒いなと思ったら1,024×768ピクセルでした。






先代きたかみにあったミニシアターは無くなり、映画は船内ケーブルテレビの放映のみになってしまいました。


今回の利用はエコノミーシングル。通常料金(A期間)12,500円のところ早割で6,200円。
1等クロスツインを利用したかったのですが、残念ながら予約するのが遅かったため早割が売り切れていました(涙)。


部屋に入ったら、早速、酔い止めのセンパアドリンクを飲む私。若干の時化模様とアナウンスがあり、よく揺れました(笑)。


エコノミーシングルは旅館のような部屋の鍵が利用できます。ちなみに1等個室は非接触型ICカードキーです。


エコノミーシングルは19インチ液晶テレビ付き。船の現在位置表示も精細な地図表示となりました。


船内ケーブルテレビのチャンネル表。


エコノミーシングルは壁が薄いためか、テレビの音声は枕側の小さなスピーカーに小さな音量で聞こえるようになっていました。
大きな音量で効きたい方はヘッドホンを持参した方が良さそうです。


さて、船内探検に行きます。新しい救命ボート


B寝台。


B寝台のコンセント


共用トイレにはゲロ吐き台も完備で時化模様で揺れまくっても安心


非常時の心得も4カ国語表示になりました


軽食スタンドが無くなってしまったため、給茶機は自動販売機コーナーにありました


東洋水産のカップ麺自動販売機もあります。


NTTドコモの公衆電話は1台設置


ソフトバンクの太平洋フェリーWi-Fiのエリアが広がり客室内でも利用できるようになりました。


マッサージチェアは大浴場前では無く展望通路「プロムナード」に。フジ医療器のマッサージチェアで10分300円でした。


プロジェクターを使った遊びが出来るキッズコーナー


レストランへ。


バイキング形式で2000円


ドリンクバーのマシンが1台


コーヒーマシンも1台でコーンスープ兼用になってました。コンソメスープもほしいです


生ビールは500円のセルフサービス


大浴場へ。大浴場のほかにシャワーコーナーも出来ました


大浴場はジェットバスとジャグジーで快適


レストランで朝食


朝食は1000円でした


船旅は良いです


あっという間に苫小牧港に到着


iPhoneのパノラマ機能で撮影したニューきたかみ

ニューきたかみは個室と寝台だけで、ラウンジやゲームコーナー等が無くなってしまって、船旅を楽しむスペースが減少して残念です。
時代の流れとは言えゲームコーナーぐらいの余裕がほしかった。
初めて太平洋フェリーの船旅を楽しむのであれば「いしかり」「きそ」の方がオススメです。


太平洋フェリー「きたかみ」レポート

太平洋フェリー『きたかみ』が2019年1月に新造船に交代するので乗りに行く

太平洋フェリー「いしかり」レポート

太平洋フェリー『きそ』乗船レポート

戻る