太平洋フェリー『きそ』レポート


太平洋フェリー『きたかみ』『いしかり』に乗ったからには、『きそ』にも乗らないとならないでしょう、ということで乗ってきました。


近くまで行って見ると大迫力です。


苫小牧港のフェリー乗り場は『さんふらわあ ふらの』『きそ』『シルバープリンセス』の3つの船が並んでいて壮観でした。


乗船口には電光掲示版で案内があります。


乗船したら、カードキーを受け取り自分の個室へ。


ビジネスホテルのツインルームのような1等インサイド個室。1名利用でも12500円 (A期間・Web割・季節により料金が変わります)という安さ。


いしかりときそは同じ基本設計ですので部屋の作りはほとんど変わりません。トイレ・シャワー付きです。


液晶テレビは地上デジタル放送をフルセグとワンセグを電波の強さに応じて切り替えながら受信してアナログchで再送信することにより画質が悪いながらもテレビの地上波を楽しむ事が出来ます。


差額を船内で支払うことにより、客室をアップグレード出来ます。


自販機は割り増しが無く市場価格でしたので安心して買うことが出来ます。

共用トイレにはゲロ吐き台も完備で低気圧が近づいていて波が高くても安心。(船長は多少の船体動揺も予想されますとアナウンス)

さて、お待ちかねの夕食です。
17:30乗船開始、18:00からレストランの営業が始まります。2000円です。現金のほかにクレジットカード(VISA・Masterの凹凸で番号等が書かれているカードのみ、VIEWカードなどエンボスレスカードは使用出来ません)が使えます。JCBカード・エンボスレスカードを使いたい人はフェリーターミナルでの乗船手続き時に購入しておきましょう。


レストランはバイキング形式です。ステーキを焼いている様子は見えなくて、バイキングコーナーに置いてあるだけでした。


レストランのほかに喫茶コーナー『マーメイドクラブ』もありますので簡単な食事はこちらでどうぞ。


船内にはカラオケコーナー(有料)もあります。


ゲームコーナーには今や貴重品となった記念メダル刻印機(MSXではない)のがあります。


NTTドコモの衛星公衆電話もあります。いつのまにか新型になっていて電子マネーの読み取り部があるタイプでしたが、現金(100円硬貨)のみ使用可でした。

マーメイドクラブに1年に1回出る雑誌フェリーズがありましたので、借りて読みます。


名古屋まで行く人は、今まで津波に備えて仙台港で一時上陸出来なかったのですが、地震や津波が来て緊急出港した場合。仙台に置いていかれても苦情を言いませんという同意書にサインすれば一時上陸できるようになりました。

ラウンジショーへ。塀和貴子さんのヴァイオリンと小川長太郎さんのピアノ演奏。素晴らしい演奏でした。
揺れが激しかったこともありマイク・スピーカーを通した演奏で、ヴァイオリンの生音が聞けなかったことが残念。
ちなみにスピーカーはビクターの業務用VOSSでした。
太平洋フェリーと言えば、この曲『落陽』(作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎)が演奏されました。
落陽 売り上げに一役? フェリーターミナルでサイコロひそかに人気(苫小牧民報)という記事を事前に読んでいたら、サイコロを買っていたのに残念。
次に太平洋フェリーに乗る時はiPodに『落陽』を入れて聞きながら、甲板に出てサイコロを振りながら出港をしようと思ったのでした。


『きたかみ』にあったミニシアター(ビデオシアター)はありませんが、ラウンジショーが行われるシアターラウンジ「サザンクロス」 で映画が上映されます。
4:3のスクリーンでしたので、映画はレターボックス上映となります。


フェリーは携帯電話圏外だからという言い訳が出来なくなりそうです。
ソフトバンクモバイルのWi-Fiネット接続試験サービスがあります。試験サービス中は無料ですが、1回15分以内 1日4回まで接続可能という制限があります。
無料ですがメールアドレスの会員登録が必要で、登録時に有料サービスになった場合、いくら(○○○円)なら使いますかというアンケートがあります。

平成27年6月1日(月)より有料サービスとなりました→Wi-Fiサービスの有料化について


リモートホストを確認したら、softbank************.bbtec.netでYahoo!BBと同じでした。


スピードテストをしてみたら衛星経由と言う事もあってpingが遅く、安定したスピードが出ません。
試しにSkypeを使ってみたら、問題無く音声通話できました。


展望大浴場にこの表示がある時は船が波で揺れると言う事で、あらかじめ酔い止め薬を飲んでいた方が安心。
展望大浴場はジェットバスがあります。揺れに備えてか、お湯がかなり浅いのに波立っていて楽しかった。


乗船時間は長いのですが、感覚的には短い時間で仙台港到着です。もっと乗っていたかったなぁという名残惜しさが、また良いのです。また乗りに行こう。


私が乗る時はいつも、仙台から名古屋行きの方が面白そうな映画が上映される法則・・・


揺れながら『ゼロ・グラビティ』が見たかった。


戻る