和歌山大学駅前の大型商業施設の中にある複合映画館へ行く


南海電鉄の難波駅より和歌山市行きの特急に乗って約一時間


和歌山市駅に到着


立派な駅の建物ですが、


建物の中にあった高島屋和歌山店が八月末で閉店していました。


駅前も寂れています。


寂れている商店街に追い打ちをかけるかのように
大型商業施設の看板が立っています。


大型商業施設のために列車が増発されたそうです。



和歌山市駅から乗った昔ながらの普通列車の窓は大きく、
扉の戸袋が埋められるなどということはなく、景色を楽しむ事
が出来ます。昔の列車の方が精神的には豊かな列車でした。


和歌山大学駅に到着して驚いたのが、駅の建物に大型商業施設
と同じ系列の小売店が入っていて、なんとしても大型商業施設と
同じ系列で買い物させたいという強い意志を感じました。



和歌山大学駅からは階段式自動昇降機と直結した通路で
大型商業施設に行く事が出来ます。


一〇〇〇円の追加料金が必要な、映画に合わせて稼働する椅子の体験実演が
ありました。体感型映画館のような送風機や霧吹機は、ありませんので割高に思います。


複合映画館の上映経費節約のために画角調整をしなく
なった銀幕。


米国音響博士研究所雰囲気式音響に対応した映画館で、低高音音出し箱は
英語つづりの一〇番目 二番目一二番目の品でした。
この映画館の左右後方二列(英語つづりの一六番目 一七番目の列)は低高音音
出し箱よりも後ろに座席がありますので音響効果的には難があります。


中央部最後列の一〇〇〇円の追加料金が必要な
稼働式座席。


最前列は追加料金なしの自在腰掛となっています。


自在腰掛は電動でアナゴさんのように映画館で
睡眠して疲れを取りたい人
におすすめです。


通常の映画を見たのですが、立体映画用の円偏光左右
分離機を取り付けしたままの上映で、映画の字幕が
ぼやけて表示されているような上映でした。

<参考文献>

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第16巻) (ジャンプ・コミックス)
秋本 治
集英社







戻る