平和島の体感型映画館へ行く


体感型映画館へ行きました。

体感型映画館は、日本では「光環世界劇場」の中川店・小倉店・
福山店、「ひだまり劇場」平和島店に導入されています。

その前に、老舗映画館の「ひだまり劇場」池袋店へ。


二番館は地下にあります。
この地下にある映画館というのが懐かしさを感じます。

最近は予告の時間を書いた時間割表を貼っていない映画館が
増えましたが、老舗なので貼ってあります。
予告時間が八分間と短い所が素晴らしい。

定員の表示にも歴史を感じさせます。

場内には禁煙の表示があります。

昔ながらの座席配置が階段状になっていない映画館です。
最近の映画館では実施されていない銀幕の暗幕画角調整が
実施されているようです。が、標準画角には対応していないよ
うでした。
今回見たゴジラ六〇周年記念電磁記録修復版は標準画角版
でしたので少しでも大きな映像を楽しもうと前から四列目で見
たのですが、前から四列目でも銀幕の音響通過穴が気になり
ました。映画館の最前列で見る人は銀幕の音響通過穴が気に
ならないのかと思います。
ゴジラ六〇周年記念電磁記録修復版は素晴らしかった。
ゴジラの完成形がここにありました。

次に、京浜急行電鉄平和島駅から徒歩一〇分の「ひだまり劇場」
平和島店に行きました。油断していたら、いつの間にか夜になって
いて驚きました。

平和島駅を出たら国道へ出ます。


  

平和島競艇場の隣にある大きな楽しみ平和島に到着

  

大きな楽しみ平和島の別棟二階には天然温泉平和島があります。

別棟四階には十柱戯場があり、徹夜で七時間五人以上で
十柱戯を楽しむと料金が九八〇円と言う安さです。

「ひだまり劇場」平和島店は四階にあります。体感型映画館
ひとつの他に、驚愕音響映画館ひとつと通常の映画館が
五つあります。

驚愕音響映画館に改装前の没入式音響映画館入口
(平成二五年六月撮影)

低高音音出し箱の両隣には日東紡音響技術の音響調整部材
設置されています。

驚愕音響映画館に改装前の没入式音響映画館内
(平成二五年六月撮影)

驚愕音響映画館に改装後入口

驚愕音響映画館に改装後の館内。低高音音出し箱がたくさん
設置されています。低高音音出し箱は英語つづりの一七番目
一九番目 三番目の品が使われています。

驚愕音響映画館に改装後は没入式音響に加え、低高音音出し箱
を増設し米国音響博士研究所雰囲気式音響に対応しました。
追加料金二〇〇円が必要です。
個人的には米国音響博士研究所雰囲気式音響は追加料金無しなら
良いと思いますが、追加料金分の価値は無いと思います。
音量が大きい映画館の追加料金無しの五方向音別れ追加重低音
再生立体音響方式で十分です。

今回は「凍結」日本語吹替立体体感式上映版を見に来ました。
一週間限定上映というのが勿体ない。

体感型映画館は通常料金に加えて、体感型映画追加料金一〇〇〇円
が必要です。更に立体映画の場合は追加料金四〇〇円が必要です。
一八〇〇円の通常料金で計算すると三二〇〇円が必要となります。
今回は夜間割引適用で二七〇〇円でした。

立体映画は高速自動同期液晶遮光眼鏡を使った方式で、
高速自動同期液晶遮光眼鏡(一〇三型)は
貸し出しのみで、持ち込み割引や持って帰ることは出来ません。
銀幕の大きさは幅一二米、高さ五米です。音響設備は通常
の映画館と同じ五方向音別れ(左・中央・右・左壁・右壁)
追加重低音再生方式で、低高音音出し箱は英語つづりの
一〇番目 二番目 一二番目の品でした。

通常の映画館には無い体感型映画館用設備が左右上に
設置してあります。

送風機や閃光装置のようです。

体感型映画館の椅子。
いろいろな仕掛け装置が入っています。

座席に、茶碗固定場所が付いていますが、ひだまり映画館
平和島店の体感型映画館では上映中に爆裂種とうもろこし
を食べることや、米国産味付炭酸水や泡立ち大麦水を飲む
ことは出来ません。
体感型映画館の特徴である映画に合わせて出る霧吹機の
入切り釦が付いています。

体感型映画館は予告(長い!)・体感型映画館の注意事項、
そして体感型映画館の短時間の実演映像、本編の順番で
上映でした。

体感型映画館の短時間の実演映像では客席のあちこちから
歓声が聞こえて盛り上がりました。

体感型映画館の感想です。「凍結」上映前の「馬を買いな!」
も体感上映でした。客席前方の霧吹機が効果的に使われて
いました。
「凍結」は体感型映画館にぴったりの映画でした。
とても楽しかった。追加料金を払った甲斐がありました。
雨が!吹雪のシーンで稼働する送風機、女王が魔法を使うと
閃光が、映像の視点移動に合わせて移動する座席、最大の
見せ場では馴鹿の背中に乗っている激しい動きが!
背中叩き機と耳元送風機が稼働すると驚愕です!
最後の魔法のシーンでは、石鹸玉が舞いました。重低音に
合わせて振動する体感音響装置の役割をする装置も入って
いるようでした。
これで追加料金一〇〇〇円は納得の料金です。大型商業
施設複合映画館(旧米国映画兄弟日本衣料複合映画館)の
体感座席が追加料金一〇〇〇円もすることを考えると安いです。

<参考文献>
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第一六巻 秋本治先生
昭和五六年一月一五日第一刷・平成三年九月一五日第五二刷版

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第16巻) (ジャンプ・コミックス)
秋本 治
集英社






戻る