シネマサンシャイン姶良の4Kレーザーシネマプロジェクター





一般(非IMAX)の映画館としては日本初となるレーザー光源
の4K2K解像度のDLPシネマプロジェクターが2017年
4月20日開業シネマサンシャイン姶良に導入されたので、
見に行きました。
最初『姶良』が読めなかったのですが、姶良(あいら)カルデラ
姶良火山の姶良で、詳しい内容は、破局的噴火シミュレーション
小説『死都日本 (石黒耀 著)』を読むのがお薦めです。
電子書籍で購入して行きと帰りの飛行機で読みましたが、とにかく
凄い小説です。鹿児島や宮崎に観光に行く前に読んでおくと背筋が
凍る思いをするという、東日本大震災前にこれほどリアリティが
ある小説が書かれているとは・・・久しぶりに読んでいなかった
事を後悔する小説でした。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




機内で、小説『死都日本 (石黒耀 著)』を読みながら、あっと
いう間に鹿児島空港へ到着。
初めて鹿児島へ行ったのですが、東北のどの空港よりも栄えて
いて圧倒されました。空港内にファミマがあり、空港前にセブ
ンイレブンがあり、ちょっと歩けば九州のファミレス『ジョイ
フル』があるという充実ぶり。



3階には航空展示室ソラステージという無料のミニ航空博物館
があり、何とJACのモックアップの飛行機まで展示されて
いるという凄さ。



明治維新150年あと1年という砂像もあり。



無料の天然温泉足湯もあり。
(タオルは200円のセルフサービス販売)
これは東北の空港が束になってもかなわないなぁと思いました。



空港バスの券売機が5台も設置されています。





シネマサンシャイン姶良があるイオンタウン姶良行きのバスも
あり、これに乗って映画館だけ見るという強行軍です。



空港でチェックした鹿児島県の地元紙、南日本新聞の上映欄
にはシネマサンシャイン姶良の上映時間掲載はありません
でした。



イオンタウン姶良の東街区にシネマサンシャイン姶良が入って
います。
イオンモールという名称でも良いような気がするのですがイオ
ンタウンです。
イオンタウンというと核店舗が『マックスバリュ』か『ザ・ビ
ッグ』という商業形態というイメージがありますが、ここは核
店舗が『イオン姶良店』です。



帖佐(ちょうさ)駅から歩いて10分ほどの場所です。



SUGOCA(SuicaのJR九州版)が使えます。
素晴らしいJR九州の全席転換クロスシート817系電車が
走っていて、JR東日本の701系しか知らない東北人から
見ると、ここは天国ですかという豪華さです。


先にシネマ2(155席)で映画を見ました。
いわゆる太鼓張スクリーンで、スクリーンマスクはありません。
湾曲しているスクリーンで映像が歪んで投影されます。特に
ビスタサイズの映画を見ると凹みが気になります。



リフティング映写機による上映。
リフティング映写機の下には座席が無く、後部中央という
購入希望者が多い座席がないのが残念。



音響は5.1chで良好。スピーカーはQSCでした。



次はお目当てのBESTIAです。
クリスティデジタルの4Kレーザープロジェクションシステム
と香港のGDC社のGDCイマーシブサウンドシステムが導入
されています。
3D方式はマスターイメージ社の円偏光メガネ方式です。
音響はドルビーアトモスの対抗規格dts:Xが日本初?導入
されています。dts:XのデコーダーはGDC社のSX-4000
メディアブロックに搭載されており、ドルビーアトモス(CP
850)のように外付けのデコーダーが必要ではなく、コスト
削減が出来るのがメリットです。
GDCイマーシブサウンドシステムにより5.1chや7.1ch
の映画をアップミックスしてイマージブサウンドとして上映する
ことも出来ます。
追加料金200円。訪問時はオープン記念で追加料金無しでした。




いわゆる太鼓張スクリーンで、スクリーンマスクはありません。
湾曲しているスクリーンで映像が歪んで投影されます。特に
ビスタサイズの映画を見ると凹みが気になります。
Harkness Clarus社の170 Digital 3D silver screen。
レーザー光源ユニットが巨大なためか、リフティング映写では
なく客席に飛び出す形の映写室がありました。



サラウンドスピーカーはメーカー銘板なし。
左右のサラウンドスピーカーは通常のサラウンドスピーカーの
配置(片側7台)の他に上に更に片側4台が設置されています。
後部のサラウンドスピーカーは6台でした。




dts:Xでは天井スピーカーが必須ではないため設置されて
いませんでした。
天井スピーカーが無くても高い位置にもスピーカーを設置する
ことで高さのサウンド表現は出来るという事なのでしょう。



CM、予告、BESTIAのトレーラー、Christie Digitalの
トレーラー、映画泥棒、本編の順番で上映でした。
見たのは『美女と野獣』吹替版でDCPは2K解像度でdts
:Xには対応していません。
4Kレーザーシネマプロジェクター映像は綺麗で、綺麗すぎて
映像の粗まで見えてしまいます。IMAX次世代レーザーでも
気になった、たまにモアレのような物が見える事があるようです。
レーザー光源のプロジェクターはコントラストが向上するため
スクリーンマスク無しでも左右の黒浮きが無くなることを期待
していたのですが、ビスタサイズの上映ではやはり黒浮きが発
生するようで残念でした。
音響は良好でしたがdts:X対応作品ではないためコメントは
差し控えます。








戻る