感想




ブラム BLAME!(瀬下寛之)
[2017年キングレコード・講談社・NETFLIX(アニメーション制作=ポリゴンピクチュアズ)/配給=クロックワークス/1時間43分]
シネスコ/DCP 2K DLP/5.1ch/★★★(3/5)
◆原作未見。シドニアの騎士未見で見ました。面白かった。けれども、ストーリー展開はあまたのSF作品で描かれてしまった物の再構成という感じでした。あと、やはりCGレンダリングのアニメはキャラクターに重みが感じられなくてダメですね。悪く言えば人形劇みたいな感じです。この作品は映像が暗いので、音響はドルビーアトモス制作ですが、上下が黒浮きするレターボックスのドルビーアトモス館よりも、5.1chでもシネスコの大画面で見た方が没入感は高いと思います。

バーニング・オーシャン DEEPWATER HORIZON(ピーター・バーグ)
[2016年米国/配給=角川/1時間47分/字幕=丸ゴシック系縁取りあり]
シネスコ/DCP 2K DLP 5.1ch/★★★★★(5/5)
◆2010年メキシコ湾原油流出事故の実話を元にした映画。かなりの脚色はあるにせよ、実物の石油掘削施設を再現したセットによる限りなくリアルに再現しようとした映画として凄い映画です。これを映画館で見ないのはもったいない。

名探偵コナン から紅の恋歌(橋本昌和)
[2017年小学館・読売TV・TMSほか製作委員会(アニメーション制作:TMS/V1 Studio)/配給=東宝/1時間52分]
ビスタ/DCP 2K DLP/5.1ch/★(1/5)
◆つまらなかった。脚本がダメというか、脱出シーンとかアイデアだけあって無理矢理つなげたような感じのストーリーですので全くのまりこめませんでした。

人類遺産 HOMO SAPIENS(ニコラウス・ゲイハルター)
[2016年オーストリア=ドイツ=スイス/配給=エスパース・サロウ/1時間34分]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスでビスタ上映/DCP 2K DLP 5.1ch/★★(2/5)
◆凄い睡魔が襲ってくる映画。隣の人は開始5分で寝てました。ナレーション・音楽無しのドキュメンタリー映画です。ドルビーアトモス収録なのに日本ではドルビーアトモス上映が無くて残念。

ボヤージュ・オブ・タイム VOYAGE OF TIME(テレンス・マリック)
[2016年仏=独=米/配給=ギャガ/1時間30分/字幕=丸ゴシック系フォント]
ビスタ/DCP 2K DLP 5.1ch/★★(2/5)
◆凄い睡魔が襲ってくる映画。ドルビーアトモス+ドルビービジョン対応の映画ですが日本では上映出来る設備がありません。せめてIMAX70mmフィルム版をスペースワールドのギャラクシーシアターで上映して貰えないものでしょうか。

美女と野獣 BEAUTY AND THE BEAST(ビル・コンドン)
[2017年米国/配給=ディズニー/2時間9分/字幕=手書き風フォント]
1回目=吹替版シネスコ/DCP 2K DLP/★★(2/5)
2回目=字幕版IMAXデジタルシアター2D/1:1.9/★★(2/5)
◆吹替版しか上映の無い映画館でしたので、吹替版で鑑賞。実写でしかも吹替で見ると、ストーリー的に破綻しているなぁと思う物語です。元の1時間24分のアニメ映画版の方が上映時間が短い分、ストーリーの破綻に気づかずに一気に楽しめるのですが、実写だとガストンのキャラクターの酷さが際立ってダメですね。
◆IMAXデジタル版だと上下が広い(ほぼビスタサイズの画角1:1.9)上映なので見てきました。普通の映画館でもシネスコで無くビスタで上映すれば良いのにと思う仕上がりでした。

クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ(橋本昌和)
[2017年シンエイ動画・テレビ朝日・ADK・双葉社/配給=東宝/1時間43分]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスで16:9上映/DCP 2K DLP/5.1ch/★★(2/5)
◆これ、子供が見て面白いのかと思うようなシーンが多くあり、ここ数年のクレヨンしんちゃんの映画ほど楽しめませんでした。

ゴースト・イン・ザ・シェル GHOST IN THE SHELL(ルパート・サンダーズ)
[2017年米国/配給=東和ピクチャーズ/1時間47分/字幕=手書き風フォント縁取りあり]
IMAXデジタルシアター3D/ビスタ/吹替版/★★★★(4/5)
◆1995年の攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLが押井守監督の最高傑作と言っても過言ではない映画だけに、期待しないで観に行きました。普段は字幕派の私ですが、オリジナルキャストでの吹替と言う事で、あえて吹替版で見ました。想像よりも悪くなくて楽しめました。あと、この映画は3D版を大画面で見てこその映画かなぁ。テロップ字幕も手書き風フォント使用で満足度が高い。

人生フルーツ(伏原健之)
[2016年東海テレビ放送/配給=東海テレビ放送/1時間31分]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスで16:9HD上映/DCP 2K DLP/★★★★★(5/5)
◆FNS系で地上デジタル放送になってもチャンネル変更せず、歴史あるロゴを使用し続ける東海テレビ放送制作のドキュメンタリー。場所は違えど、こういう団地育ちの私は複雑な心境で見ました。もう育った団地の建物は取り壊されて跡形もありません。内容は素晴らしいのひとこと。こういう生活に憧れますが、絶対に出来ないという生活ぶりでした。

夜は短し歩けよ乙女(湯浅政明)
[2017年フジテレビ・東宝・角川・サイエンスSARU・BSフジ/配給=東宝映像事業部/1時間35分]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/DCP 2K DLP 5.1ch/★(1/5)
◆原作未読で見ました。星野源を声優に起用した時点で嫌な予感はしていたのですが、予感は当たり、面白くない映画になっていました。「四畳半神話大系」のようにテレビシリーズにすべき内容でしょう。同じスタッフで映画化しても面白い物はできないという例になってしまいました。構成に無理がありすぎる、説明不足の上に妙に説明過多がシーンがあったり、とにかく脚本に無理がある映画でした。


ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(神山健治)
[2017年日本テレビ・プロダクションIG・ワーナーほか製作委員会/アニメーション制作:シグナル・エムディ/配給=ワーナー/1時間51分]
ビスタ/DCP 2K DLP 5.1ch/★(1/5)
◆物凄くつまらなかった。誰を対象に映画を作っているのか、全く心が入っていない映画でした。比べてはならないのは分かりますがポッピンQの方が遥に面白いです。これを全国200館以上で公開ってスクリーンの無駄遣いすぎるでしょう。これまでの神山健治監督作のように全国20〜50館規模が適正な公開規模でした。つまらない映画だと分かっているのに、これを全国200館以上で公開する配給会社は、よほど映画館を滅ぼしたいのだろうなぁと思ってしまいました。


キングコング:髑髏島の巨神 KONG: SKULL ISLAND(ジョーダン・ヴォート=ロバーツ)
[2017年米国/配給=ワーナー/1時間58分/字幕=手書き風フォント縁取りあり]
IMAXデジタルシアター3D/シネスコ2.35:1レターボックス 2K 6ch/★★★(3/5)
◆凄い。観た後に何も残らないエンターテイメント映画だ。サミュエル・L・ジャクソンの役柄がもうちょい良かったら満点だったのですが。エンドクレジットの後に次回作の伏線が貼ってあるのでお見逃し無く。

パッセンジャー PASSENGERS(モルテン・ティルドゥム)
[2016年米国/配給=ソニー/1時間56分/字幕=丸ゴシック系縁取りあり]
シネスコ/DCP 2K DLP 5.1ch/★★★(3/5)
◆面白かった。SF映画としては後半の怒濤のツッコミ処ラッシュが見物。これだけツッコミ処のあるSF映画を作ってしまうところが凄い。


SING(ジェームズ・ボビン)
[2016年米国/配給=東宝東和/1時間48分/字幕=丸ゴシック系縁取りあり]
IMAXデジタルシアター3D/ビスタ 2K 6ch/★★★★(4/5)
◆面白かった。ミュージカル映画としては「ラ・ラ・ランド」よりも、こちらの方が素晴らしい。地方でも字幕版公開があって良かった。とりあえず字幕版を見ることが出来る方は、初回鑑賞は字幕版がお薦めです。日本語が分かる人だけが笑えるシーンが入っています(オリジナル版でもそのシーンでは英語字幕はついていなかったそうです)。


劇場版 ソードアート・オンライン ーオーディナル・スケールー(伊藤智彦)
[2017年アニプレックス・角川・バンダイナムコ・ジェンコ/アニメーション制作:A-1 Pictures/配給=アニプレックス/1時間59分]
16:9HD/DCP 2K DLP 5.1ch/4DX上映/★★(2/5)
◆原作小説やテレビアニメ版未見で見ました。一見さんお断りの映画ですので見る人は最低でもテレビアニメ版を見てから見に行った方が良いと思われます。
睡眠防止に4DXで見て正解でした。ファンサービス映画だから、知らない人が見ておもしろくないのは当たり前という作りで、ラストまで見て、コンピューターが発達していない時代に既にこういうネタで、メチャクチャ面白い漫画を書いていた手塚治虫先生は凄かったなぁと改めて感じる映画でした。


モアナと伝説の海 MOANA(ジョン・マスカー/ロン・クレメンツ)
[2016年米国/配給=ディズニー/1時間47分/日本語吹替版]
シネスコ/DCP 2K DLP 5.1ch/★★★(3/5)
◆面白かったけど、大都市のみ字幕上映有りで地方では吹替版のみという上映はやめてほしい。さんざん予告篇で英語の歌を流しておいて字幕版上映無しではね。特にミュージカルアニメは。今回の日本語の歌は明らかにパフォーマンス不足で聞いていてつらかったので満足度★1つ減です。字幕版を見れる地域の方は字幕版をおすすめします。

MOANA(ジョン・マスカー/ロン・クレメンツ) [2016年米国/配給=ディズニー/1時間47分/字幕=手書き風フォント縁取りあり]
シネスコ/DCP 2K DLP 5.1ch/LIVE ZOUND/★★★★★(5/5)
◆と、いうわけで、どうしても字幕版が見たくて遠征して来ました。最高の音響設備で上映されるチネチッタのLIVE ZOUNDで。素晴らしかった。吹替はどうしてもミキシングで音響が劣化してしまうので、オリジナル版の方が音響が優れていますね。サラウンドチャンネルを派手に使っているので、サラウンドスピーカーに良いスピーカーを使用している映画館で観たい映画です。日本語の歌詞の違和感が字幕版では無くなっていて良かったです。どのシネコンでも字幕版が上映されるようになってほしい。


インナー・ワーキング INNER WORKINGS(レオナルド・マツダ)
[2016年米国/配給=ディズニー/約6分]
シネスコ/DCP 2K DLP 5.1ch/★★★★★(5/5)
◆モアナと伝説の海と同時上映の短編。ネガティブ思想の私にはメチャクチャ面白かった。

ラ・ラ・ランド LA LA LAND(スコット・デリクソン)
[2016年米国/配給=ギャガ・ポニーキャニオン/2時間8分/字幕=丸ゴシック系縁取り有り]
シネスコ(LB 2.55 : 1 )/DCP 2K DLP 5.1ch/★★(2/5)
◆前評判と予告篇に騙された。期待しないで観に行けば良かったのかもしれませんが、ガッカリ感すごいです。好きとか嫌いとか以前にジャズにピンとこない人ですので、この映画もピンと来ませんでした。昔のシネスコサイズ『2.55 : 1』の上映でシネスコスクリーンで上下に若干の余白が生じるレターボックスでの上映です。35mmフィルム撮影で冒頭にCinemaScopeと表示を出すぐらいに過去の作品にオマージュしているのに、字幕が丸ゴシック系フォントなのは興醒め。手書き風フォントを使う費用は惜しまないでほしい。

虐殺器官(村瀬修功)
[2017年フジテレビ・アニプレックス・東宝・関西テレビ・京楽産業HD・電通・ソニーミュージック/アニメーション制作:マングローブジェノスタジオ/配給=東宝映像事業部/1時間55分/映倫R15+]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスで16:9上映/DCP 2K DLP/5.1ch/★★(2/5)
スクリーンマスクがない映画館でしたので、16:9の画面の左右に灰色の領域があって見苦しい上映でした。
原作未読で見ました。うーん、いまいち。映画化にあたって原作のエッセンスすら出ていないのではないかという感じがしました。こういう構成でやるなら相当の演出力が必要だと思いますが、演出力不足に感じられたシーンが多かった。


LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(小池健)
[2016年TMS/アニメーション制作=テレコム・アニメーションフィルム/配給=博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/54分]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスで16:9上映/DCP 2K DLP/5.1ch/★★(2/5)
◆前作の次元大介の墓標が良かったので、期待していたのですが、いまいちな映画でした。ストーリーを練り込むべきでした。これなら24分のテレビ1話分を2話に引き延ばした感じです。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN(ティム・バートン)
[2016年米国/配給=20世紀FOX/2時間7分/字幕=丸ゴシック系フォント]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスでビスタサイズ上映/DCP 2K 5.1ch/★★★(3/5)
◆普通に面白かった。ティム・バートン監督のストップモーションアニメが入っていたのも良かった。しかし21世紀に入って、戦争の影が実在になりつつある世相がこの映画にも反映されていますね。字幕2D版を鑑賞。ディズニー配給だったら字幕が手書き風フォントで良かったのになぁ。特に3Dで見たいシーンはありませんでした。

ドクター・ストレンジ DOCTOR STRANGE(スコット・デリクソン)
[2016年米国/配給=ディズニー/1時間55分/字幕=手書き風フォント]
シネスコ/DCP 2K 5.1ch/★★★★(4/5)
◆字幕版2Dで鑑賞。IMAXデジタル3D版だとビスタサイズになるシーンがあるそうですが、画面酔いしそうな感じがします。画面酔いしやすい方は後方席を確保した方が良いでしょう。内容はツッコミどころ満載のアメコミ映画ですが、VFXパワーで押し切った感。6Kカメラで撮影しても4KでCGレンダリングしたらコンピューターいくらあっても足りないだろうと思っていたら2Kマスター作品のようですね。

中島みゆきConcert 「一会(いちえ)」2015〜2016 劇場版
[2016年ヤマハミュージックパブリッシング/配給=ローソンHMV/2時間28分]
シネスコスクリーンに左右黒浮きピラーボックスで16:9上映/DCP 2K 5.1ch/DLP/★★(2/5)
◆松竹系の映画館で見ましたが、例によって
スクリーンマスクが稼働していませんでしたので、16:9の画面の左右に灰色の領域があって見苦しい上映でした。
今回の上映は音量が大きくて、まあまあでした。やはりドラムの音が弱いですね。ドラムの音がもっとライブ会場に近ければ、もっと良いのですが。
あと、リハーサル風景はいらないです。そこで満足度★1つ減です。

傷物語 III 冷血篇(新房昭之/尾石達也)
[2016年アニプレックス・講談社・シャフト/配給=東宝映像事業部/1時間23分/映倫PG12]
シネスコ/DCP 2K 5.1ch/DLP/★★(2/5)
◆3部作で3番目が一番間延びしていてつまらなかった。この内容であれば1時間以内に編集できるでしょう。時間的には前編・後編の2部作で公開で良かったのでは。3部作で全部見ると4500円という値段を考えると満足度は低いです。


2016年に見た映画ベスト5
1.この世界の片隅に
2.planetarian〜星の人〜
3.シチズンフォー スノーデンの暴露
4.シネマ歌舞伎『阿弖流為<アテルイ>』
5.ハドソン川の奇跡


ポッピンQ(宮原直樹)
[2016年東映アニメーション・サミー・セガゲームス/配給=東映/1時間35分]
1回目=ビスタ/DLP/DCP 5.1ch/★(1/5)
2回目=ビスタ/DLP/DCP 5.1ch/★★(2/5)
◆エンドクレジットの後にも本編が続きますので最後まで席を立たないようにしましょう。
東映アニメーション創立60周年記念作品。東映アニメーションのテレビ作品からではない映画って『虹色ほたる〜永遠の夏休み〜』といい、この作品といい地雷映画率の高さが凄い。
凄い説教臭い脚本、唐突なダンス。ストーリー展開もいまいちで、一体誰に向けて作っているのかさっぱり分からない映画でした。
さすがにアレで終わるのはマズイと思ったのか、ラストにおまけを付けないとならなかったのが一本の映画として致命的にダメでした。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー ROGUE ONE(ギャレス・エドワーズ)
[2016年米ディズニー/2時間14分/字幕=手書き風フォント縁取りあり]
シネスコ/DCP 5.1ch/★★(2/5)
◆つまらなかった。退屈した。外伝なので仕方がないと言えばそれまでですが、スター・ウォーズファン以外には全くオススメできない映画です。
特に3DやIMAXに特化したシーンは無く、2D版を普通の映画館の大スクリーンで見れば十分でしょう。


インフェルノ INFERNO(ロン・ハワード)
[2016年米ソニー/2時間1分/字幕=丸ゴシック系フォント縁取りあり]
ビスタ/IMAXデジタルシアター/★★★(3/5)
◆文庫本で3分冊になる原作を2時間にまとめるには無理があるわけで普通に面白かった。IMAXデジタルで見たのですが、字幕表示位置が通常のビスタサイズと同じ位置になってしまっていて、映像に集中できなかったのもマイナス点。


ソング・オブ・ザ・シー 海のうた SONG OF THE SEA(トム・ムーア)
[2014年アイルランド=ルクセンブルク=ベルギー=フランス=デンマーク/配給=チャイルド・フィルム=ミラクルヴォイス/1時間33分/字幕=丸ゴシック系フォント縁取りあり]
ビスタ/DCP 5.1ch/★★★(3/5)
◆動いている絵本のようなアニメーションが素晴らしいのですが、ストーリー展開をもうちょっとツッコミどころがないものにしてもらえれば最高でした。とても惜しい感じです。字幕版予告篇は字幕に手書き風フォントを使っていたのに、本編が丸ゴシック系フォントだったのも興醒めです。手書き風フォントを使うべき映画でしょう。


BFGビッグ・フレンドリー・ジャイアント THE BFG(スチーブン・スピルバーグ)
[2016年米国/配給=ディズニー/1時間58分/字幕=手書き風フォント]
シネスコ/DCP 5.1ch/★★★★(4/5)
◆いまいちな評判だったので期待しないで観に行ったのが良かったのか、面白かった。原作未読ですが、よくこういう話を考えつくなぁという感じです。3D上映を意識したレイアウトが多かったので、3D上映で見たかった。日本では3D上映が無いので残念。

レッドタートル ある島の物語 LA TORTUE ROUGE(マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット)
[2016年日本・フランス・ベルギー/配給=東宝/1時間21分]
ビスタ/DCP 5.1ch/★★★★(4/5)
◆スタジオジブリ(と日本の製作委員会常連)がお金と口をはさんだヨーロッパのアニメ映画。素晴らしい出来ですが、スタジオジブリがかんでなかったら、全国20館規模のミニシアター公開だったであろう映画です。
でかいスクリーンと5.1chサラウンドで見るべき映画ですので、映画館での上映中にぜひ見て下さい。

ハドソン川の奇跡 SULLY(クリント・イーストウッド)
[2016年米国/配給=ワーナー/1時間36分/字幕=手書き風フォント]
IMAX次世代レーザー4K/1.9:1/IMAX 12chサウンド/★★★★★(5/5)
◆実話を元にした映画化。丹念に取材されていて表現されている事実に全く嘘が感じられないのが素晴らしい。この事件を題材にした完璧な映画化と言っても過言ではない出来です。86歳のクリント・イーストウッド監督の凄さを堪能しました。
この映画はIMAX65mmデジタルカメラで撮影された画角1.9:1とIMAX12chサウンドシステムをフルに生かした映画ですので、ぜひIMAXで見て下さい。(通常上映館ではシネスコにトリミング上映)


映画 聲の形(山田尚子)
[2016年京都アニメーションほか製作委員会/配給=松竹/2時間9分]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/DCP 5.1ch/★★★★★(5/5)
◆原作からして相当な鬱映画になりそうなところ、さすが山田尚子監督、絶妙なバランスで、素晴らしいアニメーション映画に仕上ました。本当に凄い。

君の名は。(新海誠)
[2016年コミックスウェーブフィルムほか製作委員会・文化庁文化芸術振興費補助金2000万円/配給=東宝/1時間47分]
1回目=シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/DCP 5.1ch/★★★(3/5)
2回目=IMAXデジタルシアターで非IMAX通常DCP上映/DCP 5.1ch/★★★★(4/5)
3回目=シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/LIVE ZOUND/DCP 5.1ch/★★★(3/5)
4回目=IMAXデジタルシアターで非IMAX通常DCP上映/DCP 5.1ch/★★★★(4/5)
5回目=IMAX次世代レーザー(4Kアップコンバートレターボックス上映)/★★★(3/5)
◆新海誠監督がメジャーになるべくして作った映画で、悪い意味で新海誠監督らしさが削られています。『星を追う子ども』のリベンジ作品ですね。こういう観客受けを意識した作品じゃないものが見たいのですが・・・・
いろいろつきあいも含めて何回か見ましたので、私にとってのベストの上映はIMAXデジタルシアターで非IMAX通常DCP上映でした。
IMAX次世代レーザーのIMAX DMRによる4Kアップコンバートも見ましたが、IMAX DMRで粗が拡大されて画質が悪化していましたね。フィルムグレイン風の加工のシーンとかはIMAX DMRによるアップコンバートには向きでは無い感じがします。エンドロールのキャスト・スタッフリストの文字の劣化が本当にひどいです。更にIMAX次世代レーザーのガラスに油膜がかかったようなにじみも気になりました。

傷物語 II 熱血篇(新房昭之/尾石達也)
[2016年アニプレックス・講談社・シャフト/配給=東宝映像事業部/1時間9分/映倫PG12]
シネスコ/DCP 2K/DLP/★★★(3/5)
◆面白かった。これは1時間ずつ見るのではなくて一気に3時間で見たい内容。

ペット THE SECRET LIFE OF PETS(ヤーロウ・チェイニー/クリス・ルノー)
[2016年米国/配給=東宝東和/1時間27分/日本語吹替版]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/DCP 5.1ch/★★(2/5)
◆面白かったけれども、日本語吹替版がいわゆつ芸能人素人吹替で下手で残念。フジテレビ・電通が出資しているから芸能人使わないといけないのでしょうが、ひどすぎますね。

エクス・マキナ EX MACHINA(アレックス・ガーランド)
[2015年英国/ユニバーサル映画/配給協力=パルコ/1時間48分/字幕=手書き風フォント縁取りあり/映倫R15+]
シネスコ/DCP 5.1ch/★★★★★(5/5)
◆凄い。傑作SF映画なのに日本では小規模公開で残念。こういう限られた状況で計算しつくされて撮影された映画は良いです。「シチズンフォー スノーデンの暴露」と「エクス・マキナ」をセットで見ると、もはやSFが現実のものになりつつあると感じますね。


シチズンフォー スノーデンの暴露 CITIZENFOUR(ローラ・ポイトラス)
[2014年米・独/配給=ギャガ/1時間54分/字幕=丸ゴシック系縁取りあり]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス投影/DCP 5.1ch/★★★★★(5/5)
◆すさまじいドキュメンタリー映画。SF小説の世界が現実の物となったことを示す「スノーデン事件」の現場がそのまま撮影され、とてつもない現実が示される。2014年の映画なのに、日本公開が2016年というのが遅すぎて残念。アカデミー賞を受賞した映画なので、配給権の値段が下がるのを待っていたのかもしれませんが。ちなみに提供はギャガ・松竹、配給ギャガでした。


バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 BACK TO THE FUTURE PART III(ロバート・ゼメキス)
[1990年米国/配給=東宝東和/1時間58分/字幕=角ゴシック系縁取りあり]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス投影/DCP 5.1ch/★★★★(4/5)
◆午前10時の映画祭で再見。初見は相鉄ムービル3で導入されたばかりのドルビーSRでした。何度見ても面白い。DVD化の時に行われた5.1ch音声でのDCP上映。映像も音響も鮮明ですが、鮮明すぎてオプティカル合成の不自然さまで鮮明になってしまうのが困ったところ。字幕は角ゴシックだとHuluみたいな動画配信サイトの海外ドラマみないになってしまって興醒めするので手書き風フォントを使ってほしいです。あとインディアンはインディアンのままで良いと思うのですがネイティブ・アメリカンと変えるのも言葉狩りなようで良くないですね。


シン・ゴジラ(庵野秀明)
[2016年東宝映画・シネバザール/配給=東宝/1時間59分]
1回目=ビスタスクリーンにシネスコレターボックス上映/4DX/DCP 2K 3.1ch/DLP/★★★★(4/5)
2回目=シネスコ/MX4D/DCP 2K 3.1ch/DLP/★★★★(4/5)
3回目=ビスタスクリーンにシネスコレターボックス上映/4DX/DCP 2K 3.1ch/DLP/★★★★(4/5)
4回目=シネスコ/極上爆音上映/DCP 2K 3.1ch/SXRD/★★★(3/5)
◆ゴジラがかわいい◆久しぶりに庵野秀明監督の自信が現れている映画◆特撮ファン、庵野秀明監督ファンは必見の映画だが普通の人が見て楽しめるかどうかは不安◆良くも悪くも日本の問題点を表している映画◆石原さとみが悪いわけではないがカヨコ・アン・パタースンの役どころはもうちょっとどうにかならなかったのか◆4DX版は雨や瓦礫の埃を示すために雪のエフェクトまで使っていて追加料金1000円払ってでも見る価値あり。楽しくてリピートしてしまった。◆比較のため見たMX4Dは4DXと違って雨がふるなど天井工事を行っていない安上がりなシステムという感じ。4DXと比べて座席の動きの付け方が下手という前評判どおり、いまいちな感じ。ウォーターブラストの効果も下品。エフェクトのOFFボタンがないのもダメ。MX4D追加料金1000円(大都市圏は1200円)ですが、4DXが1000円だとしたらMD4Xは700円位が妥当なところ。◆極上爆音上映は重低音が凄いけれども、音響としてはあまり良くなかった。ラインアレイスピーカーを使っているので、通常の映画音響という感じがせず、演劇やミュージカルの下手なPAみたいな不自然な音響という感じでした。IMAXの悪いところを真似しなくても良いのに◆「けいおん!」の時も感じましたが、わざわざ2万円の交通費までかけて行く価値はない◆これみよがしにラインアレイスピーカーを見せていますが、音響に不釣り合いな小さいスクリーンを左右の壁までいっぱいに広げてスクリーン裏に回すべきでしょう◆映画館の設計としては失敗していて相変わらす前の人が姿勢を直すために動くとスクリーンに頭がかぶるのも困ったところ◆美味しんぼ9巻のハンバーガーのような映画館






5回目=シネスコ/日本語字幕付き上映/DCP 2K 3.1ch/DLP/★★★★(4/5)
◆日本語字幕は縁取りありの丸ゴシック系フォント。かなり明るいので字幕の明るさを落として欲しかった。本編で聞き取れなかったものが字幕で見れるのは良いですね。

アクセル・ワールド INFINITE∞BURST(小原正和)
[2016年ワーナー・角川・サンライズほか製作委員会/配給=ワーナー/1時間22分]
ビスタ/DCP 2K/DLP/★★(2/5)
◆原作もアニメ版も未見。総集編分が付いてますので未見の人でも問題がない作りですが、これを見てわざわざ原作読みたいとか、アニメ見たいとは思わない出来でした。こういうアニメはもう卒業した方が良いということなのだろうなぁ。

帰ってきたヒトラー ER IST WIEDER DA(ダーヴィト・ヴネント)
[2015年独/配給=角川/1時間56分/字幕=丸ゴシック系縁取り有り]
ビスタ(16:9)/DCP 2K/DLP/★★★(3/5)
◆セミドキュメンタリーの手法で撮影された映画で、映画部分は全く面白くなくドキュメンタリー撮影部分の方が面白いという映画構成としては失敗作。恐ろしいほど現実とリンクしているという意味では見ておくべき映画であると言えるのですが。


高台家の人々(土方政人)
[2016年フジテレビ/配給=東宝/1時間55分]
ビスタ/DCP 2K/DLP/★★(2/5)
◆原作未見。前半は面白かったのにもったいない。後半はいい話にまとめようとして失速した感じです。突き抜けたストーリーにした方が良かったのに。

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ WHERE TO INVADE NEXT(マイケル・ムーア)
[2015年米国/配給=角川/2時間/字幕=丸ゴシック系縁取り有り]
シネスコスクリーンに16:9ピラーボックス投影/DCP 2K/DLP/★★★(3/5)
◆面白かった。イタリア人の休暇の凄さと言ったら。こういう映画こそゴールデンタイムに放送しないものでしょうか。


天使にラブ・ソングを… SISTER ACT(エミール・アルドリーノ)
[1992年米国/1時間40分]
324円/SD/★★★★(4/5)
◆ミュージカルの予習に見ました。楽天ショウタイムの配信は同じ料金で字幕版と吹替版が両方見れて便利ですね。まあ歌は吹き替えじゃなくて字幕なのですが。ChromecastでSD画質版でも21インチ液晶で見るには十分な画質でした。面白い映画はやはり脚本が良いですね。(


ファインディング・ドリー FINDING DORY(アンドリュー・スタントン/アンガス・マクレーン)
[2016年米国/配給=ディズニー/1時間37分/吹替版/歌詞字幕=手書き風フォント縦]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス投影/DCP 2K/DLP/Dolby Atmos/★★★★(4/5)
◆面白かった。ドルビーアトモスが効果的に使われているシーンはほとんどないので通常の5.1ch上映で十分。何故、八代亜紀?。なんどめだピクサーの続編作らない宣言。こういうオチつけたなら3作目を作らないとファンは納得しないぞと思いますが


マネーモンスター MONEY MONSTER(ジョディ・フォスター)
[2016年米国/配給=ソニー/1時間39分/字幕=丸ゴシック系フォント/PG12]
ビスタサイズスクリーンにシネスコサイズレターボックス投影/DCP 2K/DLP/5.1ch/★★★★(4/5)
◆面白かった。ちょっと展開が甘いけど、女優監督のジョディ・フォスターは凄い。こういう映画って日本ではどう撮っても嘘になってしまうのに、アメリカ映画だとリアリティ持たせられるのが凄いよなぁと思います。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE(ローランド・エメリッヒ)
[2016年米国/配給=二十世紀フォックス/2時間/字幕=丸ゴシック系フォント]
シネスコ/DLP 2K 5.1ch/★(1/5)
◆何で今更続編を作るのか。ストーリーが壊滅的につまらない。この映画を作る資金で一作目のストーリーをリメイクした方が良かったのでは。あと日本公開でドルビーアトモス版が公開されないのもガッカリ。ダメ映画なのだから、せめて音響はドルビーアトモスで上映してほしかった。


アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS(ジェームズ・ボビン)
[2016年米国/配給=ディズニー/1時間53分/字幕=手書き風フォント]
IMAXデジタルシアター3D/ビスタ 2K 6ch/★★(2/5)
◆脚本がダメすぎる。タイムトラベル物としては全く合格点があげられない展開。どうして続編を作ろうと思ったのでしょうか。ディズニーは字幕に手書き字幕フォントを使っていて偉い。


ガルム・ウォーズ Garm Wars : The Last Druid(押井守)吹替版
[2014年日本・カナダ合作(バンダイナムコエンターテインメント・プロダクションIG・Lyla Films・文化庁国際共同製作映画支援事業5000万円)/配給=東宝映像事業部/1時間33分]
ビスタサイズスクリーンにシネスコサイズレターボックス投影/DCP 2K 5.1ch/DLP/★★★★(4/5)
◆バンダイの鵜之澤伸エグゼクティブプロデューサーは凄い。よくガルム・ウォーズをまた作ろうと思ってくれた。押井守ファンであれば必見。押井守分が十分に補充できます。予算の苦しさが画面に出てしまっていますが、とにかく押井守監督の実写映画では一番の出来ではないでしょうか。気になったのが説明用の字幕が丸ゴシック体だったことで、手書き風字幕を使えとはいいませんが、せめて映画の雰囲気に合わせて明朝体を使うぐらいの配慮がほしいです。

殿、利息でござる!(中村義洋)
[2016年松竹・東日本放送ほか製作委員会/配給=松竹/2時間9分]
シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス投影/DCP 2K/DLP/5.1ch/★★★★★(5/5)
◆実話を元にした時代劇。メチャクチャいい話でした。きたろうさんとか西村雅彦さんが、いい味出してましたね。松竹創業120年 東日本放送(KHB)開局40周年記念作品にふさわしい素晴らしい映画でした。




ズートピア(バイロン・ハワード/リッチ・ムーア)
[2016年米国/配給=ディズニー/1時間49分]
スコープ/DCP 2K/DLP/ドルビーサラウンド7.1/★★★★(4/5)
◆地方なので字幕版公開が無く吹替版で鑑賞。最近のディズニーアニメ映画につきものの短編がなく、本編だけだったのにまず驚き。メチャクチャ面白かったけど、やっぱりアメリカンテイストの映画なので字幕で見たかった。

劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜(石原立也)
[2016年京都アニメーション・ポニーキャニオン・ランティス・楽音舎/配給=松竹/1時間52分]
ビスタ/DCP 2K/DLP/5.1ch/★★★(3/5)
◆原作、TVアニメ版共に未見。総集編映画と言う事で見に行きました。青春もののアニメとして秀作。しかし、いつから京都アニメーションはJ・J・エイブラムス監督が撮影するようになったんだと言うような、レンズフレアやゴーストなどのアニメ映画でやる必要あるのかと言う表現の連続で萎えました。実写映画のレンズ表現再現という逃げでしか青春の輝きを表現できないというのであれば、アニメーションである必要ないんじゃないかなぁ。アニメーションと言うからにはレンズ表現再現逃げでは無く動画本来の楽しさで勝負してほしいものです。


 

 
フィフス・ウェイブ(J・ブレイクソン)
[2016年米国/配給=ソニー/1時間52分/字幕=丸ゴシック系フォント]
シネスコ/DCP 2K/DLP/5.1ch/★★(2/5)
◆アメリカのお金をかけたジュブナイルSF映画。後半のSFよくあるガッカリ展開になってしまって失速。なにがしたいんだ侵略者。





戻る