ワーナー・マイカル・シネマズでスター・ウォーズep7を観る夢を見た



シネマコンプレックスという言葉が輸入される前からあった昭和63年に開業した相鉄ムービル。
日本でいち早くドルビーSRを導入した映画館で、バック・トゥ・ザ・フューチャーPART IIIをドルビーSR音響で観たのでした。


夢の中だからか、5館全てで妖怪ウォッチを上映しているようでした。


相鉄ムービルの看板製作室が作った看板でしょうか。


昔ながらの映画館は予告と本編の時間が書いてあって、入替制じゃなくて混雑した映画では席取り合戦をして観たものです。


相鉄ムービルで映画を観たかったのですが、相模鉄道に乗って新しく出来たというワーナー・マイカル・シネマズへ向かいます。


終着駅の海老名駅へ到着。


迷わないように駅前の地図を確認すると、海老名ショッピングデパート「ニチイ海老名店」としてオープンして改称した「海老名サティ」があります。
その別棟に「ワーナー・マイカル・シネマズ海老名」が出来たそうです。


「ワーナー・マイカル・シネマズ海老名」に到着。


3階にある7番館でスター・ウォーズは上映されているそうです。


入口には新しい映画館だけあって大きなドルビーデジタルのマークがあります。


新しいのに中央に通路がある昔ながらの映画館の座席配列です。


座席にはドリンクホルダー付き。


映画館と言えばJBLのシネマスピーカーです。謎の縦型のJBLスピーカーもありました。
音響は定位が素晴らしく良い音でした。正常に5.1chのドルビーデジタル音響が再生できて、きちんと定位する映画館があれば、ドルビーアトモスというスピーカーを大量に使うシステムは不要ですね。


映画を観ていると、後頭部に映写機から漏れる光が当たってたいへん気になります。ワーナー・マイカル・シネマズ東岸和田5番館と同じ欠点があるようです。
映写機には、なぜかフィルムがありませんでした。悲しい。やはりフィルムで撮影した映画はフィルム上映で見たいものですと思ったところで夢から覚めました。






戻る