日本最大・最後のIMAX70mmフィルムシアター スペースワールド ギャラクシーシアター


JRスペースワールド駅にある手書きの地図をよく見てからスペースワールドへ行きましょう。

スペースワールドへ行く歩道橋から実物大スペースシャトルが見えます。

スペースワールドのキャラクター看板が色あせています。スペースキャンプもいつの間にか無くなっていて、スペースキャンプの宿泊施設はスペースロッジになっています。

とにかく時間がなかったので、泣く泣く入園券(大人1,570円)のみを買います。他にも映像アトラクションで見たいものがあったのですがギャラクシーシアターで映画1本見てすぐ帰るという強行軍です。
みんなフリーパス(大人4,420円)を買っているのに・・・

入場すると目当てのギャラクシーシアターの案内看板があります。

謎の宇宙人らしきものがいます。

麺工房えいり庵・・・

セイチャンの後ろには竹馬に乗った宇宙人らしきものが・・・

ギャラクシーシアターへ到着。現存する日本最大・そして最後のIMAX70mmフィルムシアターです。

券売機で入場券を買います。500円。

IMAX Think Big.ではなくメガスクリーンと書いてあります

The IMAX Experience.

スクリーンサイズは現存するIMAXシアター(IMAXデジタル・IMAXレーザー方式含む)では日本最大となる21.5×28.3m!!(ちなみに建築予定のシネマサンシャイン池袋IMAXレーザーよりも大きいです)

IMAXのプレートは明らかに昔のスポンサーだったHITACHIを消した跡が・・・

これが日本最大のIMAXシアターの内部です。写真だとスケールが分からないと思いますので、ぜひ現地で体感しましょう。

日本最大のスクリーン。昔のカメラだと全面映すのが難しかったのですが、広角のデジタルカメラだと素人でもなんとか全面映すことができました。
下に立ち入り禁止の柵が見えますが、この柵の下まで映像が投影されます。

座席

後方特注スピーカー

久しぶりのIMAX70mmシアターですが、良くも悪くも昭和時代のIMAXシアターのままでした。
秋田シネマパレのように非常口誘導灯を点灯したままのレトロ感溢れる昭和時代の映画館を思い出させる上映でした。
あと最後にはちょっとした仕掛けがあって、ギャラクシーシアターにふさわしいこういう演出があったのかと。

日本の宇宙飛行士 油井 亀美也さんも撮影・出演している『ビューティフル プラネット』A BEAUTIFUL PLANETを観に行った時の感想はこちら

「スペシャルエフェクト」Special Effects: Anything Can Happen
[1996年IMAX(NOVA/WGBH Boston)/配給=IMAX/40分]
スタンダード(1.44 : 1)/IMAX 70mm15Pフィルム上映/★★★★★(5/5)
◆スペシャルエフェクトは、『スター・ウォーズ』や『インデペンデンス・デイ』『ジュマンジ』などの特撮映画がどのように撮影されているかを伝えるメイキングドキュメンタリー映画です。
特撮のメイキングを見るのが好きな人にとってはメチャクチャ面白い映画だと思います。
この特撮の撮影の様子を見ていると、資金の面でも人材でも日本映画はかなうはずがないというのが見ていてよく分かる映画です。
IMAXフルサイズでスター・ウォーズの一部分が体感できる貴重なフィルムですので早めに見ましょう。この映画を見ないでスター・ウォーズマニアは名乗れません。日本でいつまで上映出来る環境が維持できるか分かりませんので・・・
(さすがに約20年前に撮影されたフィルムは若干退色していました)
オフィシャルサイト(英語):http://www.pbs.org/wgbh/nova/specialfx/









戻る