思い出のサッポロアイマックスシアター


一九九三年にオープンしたサッポロファクトリー内にある思い
出のアイマックスシアター(七〇ミリ十五パーフォレーション
フィルム上映)です。開業当初はアイマックスシアターだけで
したが、後に施設を改装して十スクリーンの映画館を改増築
して一九九八年六月パラマウント・ユニバーサルシネマ十一と
なりました。
二〇〇四年にユナイテッド・シネマ札幌と改称しました。

座席数は四七〇席でアイマックスシアター時代のスクリーン
サイズは幅二七米×高さ二〇米でした。ファンタジア二〇〇〇
アイマックス版の上映などが行われましたが、その後、いつ
の間にかアイマックス映画の上映が無くなり普通の三五ミリ
フィルムの映画のみが上映されるだけとなっていました。
さて、場内の紹介です。アイマックスシアターならではの巨大
スクリーンに圧倒されます。写真では大きさが伝わらないのが
残念ですが、とにかく前方の壁すべてが超巨大スクリーンと
なっています。

場内は急角度のスタジアムシートとなっています。四七〇席
あるのですがスクリーンサイズが大きいため座席数が少なく
感じてしまいます。

スコープサイズの映画を観たのですがスクリーン中央寄りの
少し上の方に映写していました。スクリーンの横幅いっぱい
には映写されないで目測で七割から八割程度の大きさでした
ので、おおよそ二〇×八.五米ぐらいのサイズで上映してい
るものと推測されます。またスクリーンカーテンが無いため
画面の隅が角丸状態での上映となっています。
音響は良好です。アイマックスシアター時代のものをそのま
ま使用しているようです。普通の映画館とはちょっと違う独
特の鳴り方がします。

椅子はこんな感じです。

アイマックスシアター独特の後方天井左右に一台ずつある
大型サラウンドスピーカー。コンパクトデジカメでは逆光
で写真撮影が困難でした。見づらくてすみません。


二〇一〇年十一月十九日アイマックスデジタルシアターと
して改装オープンしました。

さて、場内の紹介です。旧アイマックスシアター時代の幅
二七米×高さ二〇米のスクリーンから、アイマックスデジ
タルシアターへのスクリーン張り替えにより上下カットの
レターボックスサイズとなり、左右も一回り小さいスクリ
ーンとなっています。
ちなみにスクリーンサイズは非公表となっています。

間違いなくアイマックスデジタルシアターとして日本最大
のスクリーンなのですが、元のアイマックスシアターを知
っていると、やはり一回り小さくなったという感じは否め
ません。しかし、追加料金を払う価値がある大スクリーン
になっていると思います。
音響はアイマックスデジタルシアター用にスピーカーを入
れ替えたもので、元のアイマックスシアターのサウンドよ
り明らかにバランスが劣化しています。もうちょっと上手
く鳴らせると良いのですが・・・

ちなみにアイマックス次世代レーザー方式を導入する
ためにはもう一度元のサイズのスクリーンに張り替え
る必要があります
立体眼鏡は直線偏光方式です。リアルD方式の円偏光
方式の眼鏡は使用出来ません。







戻る