思い出のメルシャン品川アイマックスシアター


273席(2D上映時)/243席(3D上映時) IMAX 70mmフィルムシアター(偏光3D) 高さ16m×幅22m 6chデジタルサウンド


かつて品川プリンスホテルの別棟エグゼクティブタワー6階にあったIMAX70mm15Pフィルム上映のIMAXシアターです。


2003年に使用していたカメラではスクリーン全体を写すことができませんでした。


椅子


座席表




メルシャン品川アイマックスシアターでは『イノセンス(押井守監督)』IMAXバージョンを見ました。IMAXのトレーラーの上映や予告が無く、いきなり東宝マークが出て上映開始となりました。
さすがに、視界を覆い尽くすほどの大画面で観るイノセンスは迫力があって良いですね。
ちょっと気になったのが、IMAXなのに画質が期待したほど良くなかったことですね。 フィルムロールの切り替え穴も写っていたし(IMAX映画ではフィルム交換の切り替え穴は必要なし)推測ですが、IMAX DMR処理ではなく単純に35mmの上映用フィルムをアイマックスフィルムにブローアップしただけなような感じがしました。

IMAX映画ではスクリーンが大きいため、外国語の映画は原則的に吹替上映なのですが「マトリックス・レボリューションズ The IMAX Experience」では全世界同時公開のため字幕上映が行われました。IMAXフィルムは通常の映画よりも高価なのに字幕処理はどうなっているのか興味があったので観に行きました。メルシャンのCM、IMAXのトレーラー、本編の順で上映でした。
映し出される字幕を見て驚いたのですが、一般映画の手書き字幕ではなくて、丸ゴシック系のフォントを使ったものでした。後の方の席に座ったので上映中に後を向いて映写窓を見てみると、映写室に向かって左側にある映写窓から字幕だけ別に映し出して合成していました。そのため背景が明るいシーンでは字幕が読みとりづらいです。
字幕版を観てみると、やはり映像と字幕を両方いっぺんに見るというのは視線移動をかなりしなくてはいけなくてつらいですね。前もって普通の映画を観ていたので映像だけを楽しむことが出来たので良かったのですが、動体視力を鍛えている人でないと、いきなりIMAX字幕版というのはつらいかもしれません。

2007年3月31日閉館しました。

2016年7月1日に『IMAXデジタルシアター』としてT・ジョイPRINCE品川にオープン。
IMAX次世代レーザー(4K)ではなくIMAXデジタルシアター(2K)なのが残念。
IMAXデジタルシアター(2K)は画角1:1.9ですので高さ約11.6m×幅約22mのスクリーンサイズと推定されます。
T・ジョイPRINCE品川「IMAXデジタルシアター」2016年7月1日(金)オープン決定 品川駅前に“IMAX”が復活!都内最大級スクリーンとしてファン待望、9年ぶりの再誕(ティ・ジョイNews Release 2016年5月19日)
http://www.t-joy.net/images/up/news/145765812020160309_wed_release_imax.pdf






戻る