富谷町の体感型映画館へ行く


富谷町の大型商業施設の別棟に体感型映画館が出来たと聞いて
見に行きました。
国道四号線を北に走って行きますが、自動車誘導装置を使わずに
行くと、いつの間にか通り過ぎるので自動車誘導装置に理想郷
名前を入力して行った方が通り過ぎなくて安心です。



大型商業施設に到着。建物に映画館「富谷東急」の名称が書いて
ありますが、この建物には富谷東急は入っていません。



運営経費節約のために、映画を投影するための銀幕の画角を調整
する暗幕の稼働をやめた富谷東急ですから、運営経費節約のために、
怪物株式会社の広告が破れてもそのまま貼り続けられています。



大型商業施設は傾斜地に建設されていて、半地下のような形に
なっています。



余談ですが、大型商業施設が傾斜地に建設されている写真を
撮影するために行った向かいにある大型日曜大工工具店には、
自動精米器が設置されていて米糠がもらい放題です。



富谷東急へ行く人は三階の平面駐車場が便利です。



大型商業施設内の案内も三階映画館と記載されています。



別棟となる富谷東急。富谷東急の看板には日本娯楽物産の名前が
書いてあるのが珍しいです。



実写版進撃の巨人体感版を見に来たのですが、入口にある告知を
見て実写版を見に来て失敗したなと思いました。動画版後編が
体感版で公開されるのであれば、そちらを見たかった。



体感型映画館の身長制限を告知する案内。



硬貨返却型の収納場所がありますが、収納容量が小さいのであまり
使い物になりません。もっと収納容量が大きい物を用意してほしい。



体感型映画館は富谷東急の三番館にあります。



体感型映画館の稼働する椅子。



椅子の後ろには霧吹き機が設置されています。



体感型映画館には送風機や降雨機が設置されています。
低高音音出し箱は英語つづりの一〇番目 二番目 一二番目の
品が使われています。



映写機は東京通信工業株式会社製の反射液晶型映写機が使用されています。
立体映画用の円偏光板が取り付けられています。
上映経費節約のため平面映画でも円偏光版を取り付けたまま上映が行われて
いましたので画質が悪いです。
また常時円偏光板を取り付けたまま上映となるため最大横四〇九六画素、
縦二一六〇画素での上映はできず、最大横二〇四八画素、縦一〇八〇画素
での上映となります。



運営経費節約のために、映画を投影するための銀幕の画角を調整
する暗幕の稼働はしていませんでした。



実写版「進撃の巨人 前編」体感版を見た感想ですが、とにかく物語が
つまらなかった。体感版でなかったら、おそらく退屈で寝てしまったでしょう。
上映前の予告編上映時間には 動画劇場版「進撃の巨人 後編」の
予告が体感上映されましたので、より実写の物語の悪さが際立ちました。
体感の演出も霧吹き機で水をかけるばかりで、送風機があまり使われ
ていないようで体感装置も満足出来る物ではありませんでした。
実写版後編は観に行かないでしょう。







<参考文献>
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第一六巻 秋本治先生
昭和五六年一月一五日第一刷・平成三年九月一五日第五二刷版

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第16巻) (ジャンプ・コミックス)
秋本 治
集英社






戻る