一関の映画館とジャズ喫茶






一ノ関駅。世界遺産の看板がアレ。平泉駅ではないのですからシンプルに駅名だけにした方が良いのでは。

コンビニエンスストアがたまらない良さです。



今では絶滅危惧種となった街の自転車屋さん。


図書館には昭和13年製造の蒸気機関車C58が展示してあります。


一関シネプラザに到着


平成2年6月23日開館で、平成8年7月20日にスクリーンを増設したそうです。


『館主のおすすめ!』が貼ってある映画館に外れなし。


時間の関係でスクリーン1で映画を見ました。今では絶滅危惧種となった上映開始のブザーが鳴ってスクリーンカーテンが開いて行く上映スタイル。
感心したのが『ジュラシック・ワールド/炎の王国』『ミッション:インポッシブル フォールアウト』などの予告が額縁上映では無くシネスコスクリーンいっぱいに、ズーム上映されたことです。シネスコサイズの映画の予告がスクリーンいっぱいに上映されるのは良いですね。
ちなみにデジタル上映のDLPプロジェクターはNEC製でした。



ポケモンGOのポケストップとなっているジャズ喫茶ベイシー(BASIE)
ジャズファンでもない私が、敷居の高いジャズ喫茶に思い切って行ってみました。
ジャズと言えば、大野雄二さんのルパン三世とか、菅野よう子さんのTank!(リンクはApple Music)という偏ったイメージしかない私。


「すいません!すいません!、私のようなものがこんなジャズ喫茶に侵入してすいません!」という感じです。


コーヒー1000円、おつまみ付きです。昔ながらの煙草を吸うことが出来る喫茶店ですので、煙草が苦手な方は入店しない方が良いでしょう。


JBLのスピーカーで聞く、プロのレコード演奏家の演奏です。
レコードを交換して、レコード針を落とす音がたまりません。
曲目は『Limehouse Blues』『Stars Fell On Alabama』『Wabash』『Blue Train』(リンクはApple Music)という30分程の滞在でした。
レコードの力強い音が良いですね。ただジャズファン以外の人が遠征で来ても、あまりピンと来ないと思います。何せ私はアンプ・スピーカーを通してないジャズの生演奏を聴いたことがありませんので。
オーディオシステムの褒め言葉に、まるで目の前で演奏しているようというのがあるのですが、PAスピーカーを通していないジャズの演奏を聴いたことが無いので、そういう言葉は使えないのでした。





戻る