川崎チネチッタ8のLIVE ZOUND


川崎チネチッタが立川シネマシティに対抗して?
LIVEZOUNDという音響を導入したので見に行きました。



導入したのはチネ8。ライブハウス「クラブチッタ」のスタッフ
がプロデュースしたシステムとのこと。



椅子は変更なし。



サラウンドスピーカーも変更なしで、JBLの従来型。



平成二九年一月十四日よりサラウンドスピーカーもd&b
audiotechnikのxS-series 10Sラウドスピーカー
に変更
になり更に大音量が出せるようになりました。
更に平成二九年五月十二日より5.1チャンネルから
7.1チャンネル上映対応となりました。



ラインアレイスピーカー。d&b audiotechnikのV-series
6台のラインアレイスピーカーが左右と中央(スクリーン裏)にあり
合計18台とのこと。



重低音を担当するスーパーウーファー。
d&b audiotechnikのJ-SUB
スクリーン下に合計4台設置されています。




9月27日よりスクリーンマスクの稼働を再開したそうです。
これでビスタサイズの映画を黒浮きのない画面で安心して見ることができます。
デザイン優先でビスタサイズの映像を疎かにする立川シネマシティよりもチネチッタの方が
映像品質が高いので安心です。
10月7日よりチネ12でスピーカーを増設し、LIVEサウンド上映を実施するそうです。



スクリーンマスクが稼働するようになったチネ8。
ビスタサイズの映画を見るときの画面の締まりが違います。




さて、LIVEZOUNDの個人的な感想です。
音響は個人個人で好みが違うので、あてにしないで下さい。
ラインアレイスピーカーより下の位置になるH列中央で聞いた
感想ですが、ラインアレイの悪い所が出てしまっている音響でした。
ラインアレイスピーカーを目立たさせるためスクリーン裏にあるべき
左右のスピーカーをスクリーン前に設置するという反則技を使っている
ため、音楽がスクリーン位置で定位せず、スクリーン前で定位します。
また左右に音響が降られているものについては、スクリーン外の高い
位置のラインアレイスピーカーで鳴っているのがもろに分かるため
映画音響としてはいかがなものかという感じがしました。
おそらく後方ブロックの方が良い感じで聞こえるのではないでしょうか。
1回しか見ていないので推測するしかないのですがO列中央あたりが
音響的に良いのではという感じがします。
(2回目を観てやはり音響的にはO列より後方の方がバランスが良い音が
 聞けるようです。)
利点としては通常の映画館では体験できないクリアーな音質と、
超重低音が楽しめます。
良くも悪くもライブハウスの音響を持ってきたという感じでした。
鼓膜が弱い方は音響外傷に注意が必要です。
ひとつ言えるのが立川よりも川崎の方が近い人は、わざわざシネマシティ
まで交通費をかけて行かなくても、シネマシティ極上爆音と同等以上の
音響が楽しめますよ。



チネ12のLIVEサウンド上映にも行きました。
映画館音響の王道JBL Cinema Loudspeaker Systems。



重低音再生用のサブウーファー、JBL4642Aが4台
追加されています。



感想ですが、音量大きめの安心のJBLサウンドに体を
揺さぶる重低音を足した音響でした。
LIVE ZOUNDよりも鼓膜が圧迫されなくて、こちら音響の
方が好みかも。








戻る