さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌


何故かDVD化もブルーレイ化もされていない、映画ちびまる子ちゃんがあると聞いて見に行きました。
上映されるのは日本に残り2館となったフィルム専門の映画館シネマパレ。


秋田フォーラスの8階にあります。


手書きの案内がたまりません。







フィルムで映画を見ることが出来るというのが、こんなに贅沢な時代になるとは数年前には想像も出来ませんでした。


スクリーンマスクが稼働し、きちんとビスタサイズに調整されている映画館はほっとしますね。

 
入場券と言う名のレシートを確認したら、なんということでしょう、レシートの匠の手により「シネマパレ」が「シネマ・パレ」に変わり、経営がイオンリテールからOPA(オーパ)に変わっているではありませんか。

さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌
(原作・脚本:さくらももこ/共同監督:須田裕美子・芝山努)
[1992年さくらプロダクション・フジテレビジョン/配給=東宝/1時間32分]
ビスタ/35mmフィルム/ドルビーステレオ/★★★★★(5/5)
◆貴重なセルアニメを35mmフィルム上映で鑑賞できて幸せ。内容も素晴らしい。「わたしの好きな歌」というタイトルの通り、歌のシーンには凄い動画枚数をかけたスペシャルアニメーションを見ることができます。若き頃の湯浅政明監督が作画を手がけていてこの頃から凄い人は凄かったのだなぁと思いました。
今のちびまる子ちゃんみたいな花輪君ではなく、大金持ちのイヤミな花輪君だったり初期のキャラクターはこうだったというのが思い出せて良かったです。
おじいちゃんの声が富山敬さんだったり、酒を飲んで泣き上戸になるシーンなど今では考えられません。
DVD化されていないのがもったいない。製作が日本アニメーションではなく、原作者のさくらプロダクションだったりするのも一因でしょうか。





戻る