さいたまのドルビーシネマを観に行く




MOVIXさいたまに日本で二館目となるドルビーシネマが
二〇一九年四月二六日にオープンしたので行ってきました。
博多は遠すぎて日帰りが不可能でしたので、東北から日帰り
圏内にあるのは助かります。
MOVIXさいたまに行くのは十数年ぶりです。
写真は十数年前のMOVIXさいたま。


匠の手によりビフォーアフターされたMOVIXさいたま。


直訳調のドルビーシネマのポスター。
もうちょっといいコピーを考えつかなかったのでしょうか。
いままで、命が宿っていない映画を見せつづられてきたのか。そんな映画を上映して
きて恥ずかしくないのか松竹と言いたくなります。




ドルビーシネマは追加料金五〇〇円。立体映画は追加料金九〇〇円になります。
IMAXデジタルシアターと同じ追加料金設定です。


十一番スクリーンを改装したドルビーシネマ。
ドルビーシネマは映画に集中するためサラウンドスピーカーが
見えないデザインが特徴なのですが、天井高が足りなかった
ためか丸形の扇風機のような天井スピーカーがぶらさがって
います。
見慣れないスピーカーだなと思ったらSLS loudspeakers
いうメーカーのスピーカーのようです。


シネスコサイズの、いわゆる太鼓張りスクリーン。
スクリーンマスクはありません。


3Dメガネ。3D方式は「IMAXレーザー/GTテクノロジー」
と同じ6P3D方式。INFITEC方式です。
ダイクロイックフィルターを使用した眼鏡はレンタルのみです。


椅子は革張りの椅子でした。




ドルビーシネマで映画を見た感想ですが、高輝度レーザー映
写機を2台利用した、ドルビービジョンのHDR映像は素晴
らしいのひとこと。
ドルビーアトモスの音響は、正直いまいち。アトモスじゃな
くとも、5.1チャンネルで音量の大きい映画館でれば十分
です。
ドルビービジョン上映で料金が安い映画館が出来て貰えない
ものでしょうか。


ドルビーシネマで、ドルビービジョン対応ではなくアトモスのみ
の上映があったので気になって行ってみました。
HELLO WORLDでドルビーアトモス料金二百円追加でした。
ビスタサイズの映画でしたので、シネスコスクリーンの左右の
黒浮きがどうなるのか見て見たら、見事に黒浮きしていました。
ドルビーシネマと言えどスクリーンマスクは必要ですね。
音響は、吸音が凄い箱だけに素材の粗をそのまま出すスピーカー
かもしれないと薄っぺらい音楽を聴いて思ってしまいました。


前回見るのを忘れた映写窓を。
クリスティデジタルのレーザー映写機が2台並んでいます。
下にはHarkness ScreensのCUROLUXが導入されていて
Qalifテクノロジーにより2台映写のフォーカス等を自動で
調整しています。






戻る